ボイス

診療・教育・研究すべてが地域と医療の未来を照らし、希望となる病院をつくりたい 副病院長 濱野公一

求められる機能を強化・充実

求められる機能を強化・充実

 予想困難な病院機能の変化に対して「今できる最大限の対応をいかに考慮するか」「長期に渡る病院全体の機能更新をいかにバランスよく実行するか」が今回の再整備計画で重要でした。院内外のさまざまな方々にご協力をいただいて協議・検討を重ね、変化に長期的かつ柔軟に対応できる施設づくりを目指しました。

 診療面で力を入れたのは、急性期病院としての機能充実です。手術室、ICU、総合周産期母子医療センターのキャパシティを大きくすることで治療速度が大幅に向上する予定です。 特に手術室の拡充は、全診療科の希望でした。現在、朝8時半から稼働して夜8時の時点でも2室から3室が稼働する状態ですが、それでも多くの患者さんをお待たせしています。 12室から16室へ増室し、さらに将来スペース(2室)を整備することで、近隣病院からの受け入れもスムーズに対応したいと考えています。

 また、がん医療も充実します。山口県はがん死亡率が全国的に高く(全国5位)、対応が課題です。本院ではがん診療連携拠点病院として、山口県と連携してがん登録など社会的なデータの収集にも取り組んできました。今回の再整備で、手術だけでなく、放射線治療や化学療法を含む集学的治療がさらに充実する予定です。

 さらに、一部機能を新病棟へ移すことで、外来機能も大きく向上すると期待しています。  教育・研修や臨床研究においても、整備に力を入れて、それに伴うソフトも強化します。 医療人育成センターでは2014年(平成26年)秋に専属の教授をお迎えしてキャリア形成支援や地域医療支援を充実させ、研究部門では特許・知財関係の研究を支えるセンターに、人的にも充実しつつある再生医療(肝臓再生・血管再生等)が入り、発展に尽力します。


患者さんや医療への想いを共有

 今後、医師・看護師をはじめ、大幅な人員増員も計画しています。「ぜひ働いてみたい」と思っていただけるような職場環境にもさらに力を入れていきたいですね。

 手前味噌になりますが、再整備計画に伴い2013年(平成25年)から初めて全診療科をラウンドして、普段はなかなか接する機会の少ない医局や病棟のカンファレンスルームで先生方にお会いした際に感じたのが、想像以上に若手が輝いているということでした。元気で、目がきらきらと輝いていて、男性も女性も格好いいじゃないか、と大変嬉しく、力づけられました。現場は過酷ですが、私自身も含め、やはり職員は医療が好きなのです。暗い表情で来院された患者さんが、にこにこして帰られるのをみると、何よりの発奮材料になります。

 これからお迎えする職員に対しても「すべてを患者さんのために、すべての価値基準を患者さんのために」という想いを、それぞれの現場で生かしていただきたいと思います。

患者さんや医療への想いを共有
患者さんや医療への想いを共有

経営の安定と地域への貢献

経営の安定と地域への貢献

 今後、再整備の完成までに、莫大な費用が必要となります。国へ申請する費用に加えて、本院で自己負担する資金も必要であるため、安定した経営基盤の確立が重要です。 最新型医療機器の導入についても、予算・面積・敷地に限りのある中で、いかに導入していくか検討を進めているところです。患者さんのアンケートの声をもとに、検査の連絡や薬の説明方法など、職員全体でこまかなところまで改善も重ねております。

 地域における医療連携においても、診療内容や電子カルテ等を共有するネットワークの構築を含め、さらに密接な連携を図っていきたいと考えます。

 地域の皆様、医療機関の皆様に対しては、ご期待に応え、ご信頼に応える新病院の姿を日々追求してまいりますので、ぜひご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Voice Top